拝啓永谷宗円様

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

まったく揉まない一芯二葉極上茶 10g

ガラスの器に入れ静かにお湯をかけるように注げばゆっくりとうま味が溶け出します
湯が浸み込んでいく姿も美しい奥ゆかしさが魅力の茶です


先生が蒸し製の煎茶をつくられてから
三百年近くの時が流れようとしています
その素晴らしき発明は時を経て
私達になくてはならないものになりました 
それが完成するまでの間にあったであろう
数え切れないくらいの失望と苦悩・・・
中には今なら受け入れられる茶もあったはず・・・
そんな置き去りになった茶に思いを馳せて作りました